学校蔵について

「日本で一番夕日がきれいな小学校」。
そう謳われながら136年の歴史に幕を閉じた旧西三川小学校が、佐渡にあります。

私たちはこの廃校を酒造りの場として再生することを決め、「酒造り」「学び」「交流」「環境」を4本柱とした『学校蔵プロジェクト』を2014年にスタートさせました。

»すべて見る

詳細レポート(日本語)     詳細レポート(English)

学校蔵のお酒たち&物語

酒造り

学校蔵での酒造りはオール佐渡産を基本としています。
酒米は佐渡相田ライスファーミングによる牡蠣殻農法で育てた越淡麗です。
この米は、朱鷺が暮らす環境に配慮した「朱鷺と暮らす郷づくり認証米」にも認定されています。

佐渡産の酒米を100%使用して純米酒を醸した後、そこに佐渡産の杉材を浸漬し爽やかな木香が膨らみます。これによって木造校舎のぬくもりを感じて頂けることと思います。
*清酒製造免許の関係で、当面はリキュール表記となります。

学びの募集

「酒造りを学びたい!」という方を2015年より受け入れております。
製麹から三段仕込みまでの期間をじっくりと体験してもらうため、約1週間のコアタイムに通って頂きます(宿泊施設や送迎はございませんのでご注意ください)。
空いた時間に佐渡をゆっくり探検して頂くことで、生産地・佐渡の魅力に藻触れて頂ければ幸いです。
2015年は3チームが挑戦し、その一つ、日本酒居酒屋「方舟」などを営むセオリーチーム(写真)はタンク一本をオーダーメイドで仕込みました。
2016年の募集につきましては、時期や諸条件が決まり次第こちらでご案内を出させて頂きます。
new 2017年 酒造り体験・第3期生募集

学校蔵の特別授業

『学校蔵の特別授業』と題してワークショップを開催しています。
佐渡は「日本の縮図」と言われるように、島独特の自然文化や歴史を持っています。
そして課題先進地としても日本の縮図と言える島です。
ここから佐渡、そして日本の未来を考えることが出来ないか?それが出発点となって教室を舞台にライブ感あふれる特別授業を行っています。
過去の講師陣としては、藻谷浩介さん(日本総合研究所調査部主席研究員)、玄田有史さん(東京大学教授)、酒井穣さん(BOLBOP代表取締役CEO)をはじめ多くの識者にご協力頂いています。
学校から老若男女集まって、日本の未来を語る。
なんでもある都会でもなく、どこにでもある田舎でもなく、ここだけの場所。
かけがえのない場創りをいろんなテーマから今後とも考えてまいります。
2016「学校蔵の特別授業のご案内」詳細はこちら
new 2017年 学校蔵の特別授業募集のご案内

●学校蔵の特別授業が本になりました!

『学校蔵の特別授業〜佐渡から考える島国ニッポンの未来』(日経BP社)
上記の藻谷浩介さん、玄田有史さん、酒井穣さんに改めてお話しを伺って構成。
「都会と地方の境目は?」「人口のベストバランスは?」「近未来の仕事の在り方」「地方の希望」などについてと、学校蔵の成り立ちやこれからなどをご紹介しています。
巻頭には佐渡の美しい景色などが写真で彩を添えています。

■お求めはこちらより

交流事業

様々な人たちが集まっていた学校には、学校蔵となってもやはり様々な人たちが集います。
芝浦工業大学の佐渡ゼミとは、ものづくりを通して交流しています。毎年約30名の学生が佐渡に長期滞在をし、私たちは施主として一緒に作品づくりに関わっています。
試飲カウンターやテーブル、椅子などは個性あふれる作品として訪れた人たちに愛用されています。
他にも鼓童や大学とのコラボレーションなど、さまざまな交流が広がっています。
このような活動が続くことで、地域と世界のハブになる場所に育てていきたいと思います。

環境エネルギー

学校蔵は、オール佐渡産を目指しています。お酒の原材料はもちろんですが、その製造にかかるエネルギーまでも佐渡産の自然エネルギーをということです。
島の自然資本であるエネルギーを取り入れることによって、朱鷺が舞う環境の島・佐渡ならではの酒造りが出来るのではないかと考えています。
この試みは東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)との共同社会実装事業として進行し、学校プール跡に設置した太陽光パネル(ソーラーフロンティア製CIS薄膜型太陽電池パネル)から2014年より電力送電が開始されました。
現在、必要な電力の約20%を賄っていて、将来は100%再生可能エネルギーでの酒造りを目指しています。

蔵元ブログ

学校蔵につきましては、蔵元ブログ、及びFacebookなどでも
近況をご紹介しております。